ディアージュ神戸
ディアージュ神戸(住宅棟)

ディアージュ神戸は、JR西日本プロパティーズ株式会社が運営する兵庫県神戸市垂水区の高台にある、利用権方式の介護付有料老人ホームです。

介護付有料老人ホーム<利用権方式> 総合トップページ 介護棟はこちら
住宅棟トップ 施設案内 5つのポイント 間取り・設備 サービス内容 サークル活動
永住の住まいを実現するための5つのポイント
ディアージュ神戸の5つのポイントで快適な日々を支援します。
ポイント1住宅棟(入居時自立)と介護棟(入居時要介護)
ディアージュ神戸は住宅棟と介護棟で構成される介護付有料老人ホームです。将来介護が必要になっても、住まいで介護サービスを受けていただけます。また、万が一に備えて住宅棟にも一時介護室(個室)を3階ケアゾーンに9室ご用意しております。 ディアージュ神戸(住宅棟) ディアージュ神戸シエル(介護棟)
ポイント2健康相談

健康相談室では日常の健康相談等を行って

います(9:00〜18:00)。

ディアージュ神戸(住宅棟)
ディアージュ神戸シエル(介護棟)
ポイント5介護棟への移行も
ポイント3診療は隣接のクリニックで
ディアージュ神戸クリニック(テナント/内科〈嘱託医師〉)では定期健康診断(年1回)、日常の健康管理、緊急時対応、入院の指示、健康相談、スタッフに対する指導を行います。また、協力病院として三菱神戸病院(協力内容:年1回の人間ドック実施)、神戸掖済会病院(協力内容:年1回の人間ドック実施、緊急時対応)と連携をとり、専門的な診察や治療に対応します。
※ディアージュ神戸クリニックと、協力病院とは業務協力覚書を締結しています。
※ディアージュ神戸クリニックの健康診断、協力病院の人間ドックの費用は管理費に含まれています。
住み慣れた住戸での介護を基本としながらも、ご入居者にとって介護棟で介護を行うことが最良と判断された場合には、ご入居者、身元引受人の意思を確認し、同意を得た上で、介護棟に住み替えていただくことができます。(バックアップとして個室10室をご用意。バックアップ用の10室が満室の場合は移行できない場合もございます。)。介護棟へ移行した場合、一般居室の利用権は消滅し、新たに介護居室の利用権を設定します。(入居一時金の償却期間は継続されます。)なお、住み替えにあたって居室面積の減少等による調整金及び新たな費用負担はありません。(但し、介護費用は規定に従い介護度により変更されます。)
ポイント4住まいで暮らし続けて頂けるようサポート
住宅棟3階にあるケアゾーンは退院後のリハビリや体調をくずされた時にご利用いただき、ケアスタッフがサポートします。ケアゾーンの一時介護室に移られても、ご自分の住戸の権利は存続します。
 
 
事業主/JR西日本プロパティーズ株式会社
公益社団法人 全国有料老人ホーム協会会員 JR西日本プロパティーズ株式会社
総合トップはこちら 介護棟はこちら
営業時間/午前9時〜午後6時 携帯・PHSからでもご利用になれます。